ココロとカラダの学びの場


ココロとカラダに関する各分野の専門家を講師としてお招きし、埼玉県東松山市を中心にWSを開催していきます。開催情報は随時こちらでUPしていきます。
by cocorotokarada
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2/16 ロルフィングワークショップ「気づき」で身体をゆるめる、つなげる 終了

こんにちは。

先週、第7回WSが無事終了しました。

今回は、ロルフィングというボディワークをなさっている

お2人の先生を講師にお招きいたしました。

今回も都内や神奈川県など、遠くからご参加下さった方々がいらっしゃいました。

ありがとうございました。



自己紹介などの後、まずは中村先生から。

中村先生は、「気づき」と「筋膜のつながり」についてのワークを紹介して下さいました。

後日、アンケートに答えていただくことができたのですが、

興味深かったのは、「わかりやすかった」という方と、

「わかりにくかった」という方、どちらのご意見もあったということです。



以前やったクラニオのニュートラルに学ぶでも、

同じようなお声をいただいたことがあったのを思い出しました。

ニュートラル講座では、ニュートラルを維持した状態で人に触れてみるということを、

今回のロルフィングWSでは、相手の筋膜に働きかけることでどのような変化が起こるか

というワークをしたのですが、パッと見は似てるのかもしれません。



この両方のご意見をしっかり受け止め、

参加された方が皆さん納得できるように企画していくのが

僕にとっての今後の課題なのかなと思っています。



後半に入り、藤本先生にバトンタッチです。

藤本先生は、呼吸と仙骨の動きについてのワークを教えて下さいました。

印象に残ったのは、「ブレーキを踏んだままアクセルを踏む」ということ。

これを身体の中でやってしまっているかもしれないというのが面白かったです。



今回僕は、それぞれの講師の先生が行うデモの受け手をさせていただきました。

やってみて思ったのは、変化を感じることは出来ても、

それを表現する力が乏しいということ。

僕自身は今回はワークに参加することはありませんでしたが、

とても大きな勉強をさせていただくことができました。



藤本先生と中村先生は、新宿でもWSをやっていらっしゃいますので、

もし興味をお持ちになった方がいらっしゃいましたら、

ぜひそちらに参加してみてくださいね。

朝日カルチャーセンター新宿教室
[PR]

by cocorotokarada | 2013-02-21 16:46 | WSの感想など | Comments(0)
<< 第8回 クラニオの「ニュートラ... 第7回 ロルフィングワークショ... >>