ココロとカラダの学びの場


ココロとカラダに関する各分野の専門家を講師としてお招きし、埼玉県東松山市にてWSを開催していきます。開催情報は随時こちらでUPしていきます。どうぞよろしく~(^^)
by cocorotokarada
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

第12回 ロルフィングワークショップ 重力に抵抗しない身体の使い方(上肢編)

ロルフィングワークショップ
重力に抵抗しない身体の使い方(上肢編)




<講師より>

「肩こりは直立二足歩行を選択した人類の宿命」
こんな言葉きいたことありませんか?



頭や片腕の重さは4~5キロあるとされており、肩の筋肉は絶えずこの重さを支えなければいけません。


また、2本の足で全体重を支えるようになったことで、足や腰に集中的に負担がかかるようになりました。


こうしたことから、「肩こり」と「腰痛」は直立二足歩行をはじめた人類の宿命といわれています。



、、、でも本当にそうでしょうか?



実際のところ、腕は首から垂れ下がるようにできており、わざわざ腕を持ち上げる必要はありません。
また、姿勢が整い身体の構造通りの使い方ができると腰への負担が大きく減少します。


今回のワークショップでは上半身に焦点をしぼり、
肩まわりの緊張から解放された状態とはどのようなものなのかを体験していただくのが目的です。





何を隠そう僕自身が以前は身体をゆらそうとしてもゆれないほど身体を緊張させていました。


ストレッチから筋トレ、ヨガ、、、あらゆるものを試してみましたが一向に身体はゆるみませんでした。


なぜゆるまなかったのでしょうか?今だったらわかります。

それは、、、
「力がぬけた状態を体験したことがないから、力のぬき方がわからない」
、、、のが原因でした。経験したことがないものを経験しようとしてもそれはなかなか難しいですね。


そのためワークショップではまず「知覚」と「身体」の関係を学んだ後、
僕自身が実際のセッションやセルフ・ワークとして活用し、
効果を発揮しているペア&セルフ・ムーブメントワークをご紹介し、
力がぬけた状態を身体で理解していただこうと思います。



実は「知覚」や「ムーブメント」を用いたワークは一つ問題点があります。

それは、感受性が高くないと変化が実際に起きていたとしても
「身体」や「動き」の変化が感じられにくいという点です。


その為、今回のワークショップでは新しい取り組みとしてペアになって、力がぬけた時の「腕の重さ」や「動きの変化」をパートナーの方にも感じていただこうと思います。

ご自身の感じたものとパートナーからの感想を比べてみるとまた新たな発見があるかもしれません。

本ワークショップが力みの解放のきっかけになればよいなぁと思います。



※当WSは、ロルファーの養成・指導を行うものではございません。
※当WSは、治療行為ではございません。痛みやご病気がある場合はワーク前にご相談ください。






■ 講師 橘 隆徳

■ 日時 2013年8月3日(土)13:30~16:30(受付13:15から)

■ 場所 東松山市内にて お申し込みいただいた方にご連絡します。

■ 定員 15名(最少開催人数5名)7/31追記 定員まであと2名となりました!

■ 持ち物 飲み物、タオル、動きやすい格好でお願いします。
 
 ※「更衣室」がありませんので、トイレ等でお着替えいただく形になります。

■ 参加費 3,000円 当日現金にてお支払いください。

■ 希望者のみですが、WS終了後に懇親会を行います。
  割り勘で3,000円くらいだと思います。

■ ご予約は、
  ・お名前
  ・携帯電話番号
  ・懇親会の参加or不参加
  ・はじめて当会にご参加の方は、運動暦・武道経験などをご記入の上、
   件名を「8月3日WS」として 
   cocorotokarada@hotmail.co.jp までメールでお願いいたします。
  ・お申し込み期限は、8月2日(金)18時までとさせていただきます。



※メール送信時にエラーが出てしまう場合があるそうです。
 もし送信できないという場合は、お手数ですが
 コメント欄にその旨をご記入いただけますでしょうか。
 よろしくお願いいたします。


※こちらからの返信は原則2日以内に行っています。
 もし3日以上経っても返信が無い場合は、hotmailからの受信が可能であるかと、
 迷惑メールボックスの中をご確認いただきますよう、お願い申し上げます。






<講師プロフィール>

●橘 隆徳(たちばな たかのり)
健康運動指導士
米国Rolf InstituteR認定ロルファー。東京・大崎、高島平を中心に活動中。
前職の運動指導員時代、書籍「黒人リズム感の秘密」に感銘を受けトニーティーダンスを学び始める。
その過程で伸び悩みを実感し、なんとかしようと模索する過程で受けたロルフィングの効果に驚きロルファーを志す。
「手段」ではなく「結果」に執着するロルフィングスタイルを追求しており、
自身も高いレベルの「重力と調和した身体」を体現するべく日々動作改善のトレーニングを実践している。
ロルフィングのたちばな



今回は初登場、橘 隆徳さんのロルフィングワークショップです。

橘さんはダンスや武道経験もおありで、

ご自身の身体感覚も非常に優れていらっしゃる方です。

実は先日、橘さんからほんの10分ほどですが

簡易的なロルフィングセッションをしていただいたところ、

肩まわりの緊張が取れてものすご~く楽になったという出来事がありました。

自分では抜けてるつもりが、そうではなかったんですねー。

スタバでの出来事で、かなり注目を集めてしまいましたが(^^;



タイトルにもあるように、重力に抗うのではなく調和する、

そんなカラダの変化を感じてみたい方は、ぜひこの機会にご参加ください。

本日より受付開始です。
[PR]

by cocorotokarada | 2013-07-03 12:25 | ロルフィングWS
<< 8/3 「ロルフィングワークシ... 6/29 古武術に学ぶ ぶつか... >>