ココロとカラダの学びの場


ココロとカラダに関する各分野の専門家を講師としてお招きし、埼玉県東松山市を中心にWSを開催していきます。開催情報は随時こちらでUPしていきます。
by cocorotokarada
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

11/17 身体の見方の手がかり 終了

昨日、唐光さんの「身体の見方の手がかり」を終了しました。

今回は対象者を限定したもので、初めての試みでしたが、

おかげさまで大成功でした。

ご参加くださった皆さんありがとうございます。



身体の見方、ということでスタートしましたこのWS。

まずは座学から。

詳しくは書けないのですが、要するに必要なところに必要な溝(という表現)を

作れる身体を目指しましょうよ、ということでした。



座学のあとは実技です。

うつ伏せに寝て、先ほどの座学でやった見るべきところを触って確認していきます。

ご参加くださった皆さんとても上手にやっていました。

唐光さんが繰り返し言ってたことは、「思いやり」ということ。

人と接する上で、ココを起点にすることってことです。

ココがぶれなければ、あとはいろいろ形が変わってもいいわけです(たぶん)。



その後、パワーアップした唐光さんの本領発揮でした。

すごかった、本当に。

かしわ手を叩くだけで、歩きにくくさせたりとか。

また、かしわ手を叩いてそれを元に戻したり。

歩き方を変えるのに、追いかけられて(逃げる人は後ろ歩きで)、

しばらくしたら歩行が全然変わってたり。

あー書いててわかるのですが、たぶん伝わってないですよね。

自分の文章を書く力の無さに苛立ちます(苦笑)。



唐光さんとお会いしたことある方はたぶんやったことあると思うのですが、

中心の押し合い。これも唐光さん自身もレベルアップされていました。

会うたびに唐光さんの凄さが…。



以下、自分メモ。

指先から足までつなげる。

足で終わりでなくて、その底、地球の中心部まで行ける。

思いやり。

相手に床と勝負させると負けない。



最後には予定外の合掌行気法までやっていただきました。

ありがとうございました。お疲れ様でしたー。



その後の懇親会がまたすごかった。

指でグラスをはじいて味を変えちゃうやつとかね。

皆さんできるようになっていましたね。

スゴイw
[PR]

by cocorotokarada | 2013-11-18 16:41 | WSの感想など | Comments(0)
<< 第16回 重力に抵抗しない身体... 第15回 身体の見方の手がかり >>