ココロとカラダの学びの場

第18回 ロルフィングワークショップ 「手と足からひらくコア」

ロルフィングWS
元のサイトで完全版を読む
明けましておめでとうございます。 今月の27日(月)に開催のWS「予防接種について知っておきたいアレコレ」も ただいま参加者募集中ですが、2月に開催する18回目のWSの概要が決まりました。 お知らせします。 ロルフィングワークショップ 「手と足からひらくコア」 <概要> 手と足は、外の環境と情報のやりとりをする「窓」です。 手と足の感覚が開くことで、コア(身体の中心)も開き、身体が自然と安定します。動きの中で、手と足はコアを先導していると言えます。 このワークショップでは、ロルフィングの様々なワークで手足を活性化することで、筋膜のつながりをいかして動き、コアを柔らかく使えるようになります。 <こんな方におすすめします> ・デスクワークなどで、身体のこわばりが気になる方 ・より楽に、より自然に、より力強く動けるようになりたい方 ・心身ともに、柔軟で、安定したい方 <もっと詳しく> ・「手の目」と「足の目」を目覚めさせる 手と足のそれぞれの中心には、ロルフィングで「手の目(”Eye of Hand”)」、「足の目(”Eye of Foot”)」と呼ばれる場所があります。 それらが開く、目覚めることで、手と足は身体の中心である体幹(コア)につながります。 しかし、ほとんどの人の場合、閉じて、眠ったままになっています。 結果として、コアが閉じ、手足と体幹が分断されてしまっているのです。 手足には、身体の他の部位より、多くのセンサーがあります。 センサーが活性化して、その中心にある目が目覚めると、正しく動こうと努力しなくても、その人の身体に備わっている本来の、自然な動きが引き出されます。 ・手足で体幹をコントロールする 最近は、雑誌やテレビでも、「体幹エクササイズ」や「コアエクササイズ」といった言葉を目にする機会が増えてきました。 もちろん、ふだんなまけがちな体幹の筋肉も、エクササイズを通して、その能力を維持・向上させることは大切です。 しかし、腕立てふせを決めた回数くり返す時のように、筋肉を「意図的に」使っているだけでは、体幹は本来の自然な動きをできるようにはなりません。 体幹を安定させてくれる筋肉は、できるだけ「無意識に」働いてほしいのです。 <どのような効果が期待できるか> ・手と足の感覚を開く ・手足から、コアを目覚めさせる ・手足から体幹まで自然につながり、動けるようになる さらに ・よりリラックスして、コミュニケーションできるようになる ・目標に向かって気持ちと身体を一致させる <どんなことをするのか> ・動くことより、気づくこと 自分の身体に無自覚なまま、機械的にエクササイズを繰り返すことで身体を変えるのではありません。 「今、自分の身体がどうなっているか」に注意を向け、そこから「気づくこと」を丁寧に拾うことで、身体自身が、新しい身体の使い方を見つけていくのを促します。 ・シンプルに、みんなで 「気づくこと」で身体を見直していくには、シンプルなエクササイズであること、自分が気づきやすくなるように、ほかの人にサポートしてもらうことなどがポイントです。 難しいことを一生懸命やるのではなく、単純なことを丁寧に、みんなで楽しくすすめていきます。 ・持ち帰れるように ワークショップでの体験は、身体に新しい種を蒔くようなものです。 日常生活に戻ってからも、それを自分で試行錯誤しながら育てることができると、より定着し、さらに発展してきます。 どのように日常生活につなげていくか、当日はそのための具体的なエクササイズもご説明します。 当日は、今回が初公開のアイデア、エクササイズを多数ご紹介していきます。 2人のロルファーが丁寧にガイドしますので、どうぞふるってご参加ください。 ※当日は全身のエクササイズを行いますので、身体が楽に動かせる服装をご用意ください。 ※当WSは、ロルファーの養成・指導を行うものではございません。 ※当WSは、治療行為ではございません。痛みやご病気がある場合はワーク前にご相談ください。 ■ 講師 中村 真之介、安田 真規 ■ 日時 2014年2月8日(土)13:30~16:30(受付13:15から) ■ 場所 東松山市内にて お申し込みいただいた方にご連絡します。 ■ 定員 20名(最小開催人数8名) ■ 持ち物 飲み物、メモをしたい方は筆記用具、汗を拭くタオルなど。 ■ 参加費 4,000円 当日現金にてお支払いください。 ■ 希望者のみですが、WS終了後に懇親会を行います。   割り勘で3,000円くらいだと思います。 ■ 講師プロフィール ●中村 真之介(ナカムラ シンノスケ) 2006年米国Rolf Institute®ロルファー認定、 2007年同ロルフムーブメントプラクティショナー認定。 ロルフィング®の全人的な統合というテーマに共感し、学校教育から身体教育の道へ。 現在、渋谷を中心とした関東各地で、ロルフィングやロルフムーブメントの施術のほか、 日本ロルフィング協会のイベントなどでワークショップ講師としても活動中。 様々な手技療法やボディワークのコンセプトをロルフィングに取り入れ、 幅広い層のクライアントに対応している。 ロルフィング(Rolfing®) 渋谷・表参道 ●安田 真規(ヤスダ マサノリ) 米国Rolf Institute公認ロルファー®・理学療法士。 幼い頃より身体に興味を持ち理学療法士となる。 2006年よりリハビリセンター、整形外科、訪問看護ステーションなどで リハビリと慢性疼痛の方のコンディショニングに携わる。 身体を統合的にみるロルフィングに惹かれ、ロルファーを志し、 2011年にロルファーとして認定されセッションを開始する。 現在はリハビリ、個人セッション、ヨガスタジオにて講師などの活動をしている。 ロルフィング・自由が丘 ■ ご予約は、   ・お名前   ・携帯電話番号   ・懇親会の参加or不参加   ・件名を「2月8日WS」として     cocorotokarada@hotmail.co.jp までメールでお願いいたします。   ・お申し込み期限は、2月7日(金)18時までとさせていただきます。 ※メール送信時にエラーが出てしまう場合があるそうです。  もし送信できないという場合は、お手数ですが  コメント欄にその旨をご記入いただけますでしょうか。  よろしくお願いいたします。 ※こちらからの返信は原則2日以内に行っています。  もし3日以上経っても返信が無い場合は、hotmailからの受信が可能であるかと、  迷惑メールボックスの中をご確認いただきますよう、お願いいたします。 *************** 昨年2月に好評をいただきました中村真之介さんのロルフィングワークショップです。 今回は新たに、ロルファーで理学療法士というカラダの専門家、安田真規さんとのタッグです。 本日より受付開始です。 どうぞ宜しくお願いいたします。
もっと見る