ココロとカラダの学びの場


ココロとカラダに関する各分野の専門家を講師としてお招きし、埼玉県東松山市を中心にWSを開催していきます。開催情報は随時こちらでUPしていきます。
by cocorotokarada
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:イミクラヴマガWS( 1 )


第22回 肌で感じる護身術 

こんにちは。

関東地方、梅雨明けしましたね。

THE・夏って感じです。

こまめに水分補給と休息をとっていきましょう。

さて、次回(第22回)のワークショップの概要が決まりましたのでお知らせです。



第22回 肌で感じる護身術(8月23日)



◆ 講師から

この度、第22回ココロとカラダの学びの場ワークショップ『肌で感じる護身術 』の講師を担当することになりました、たじみもとこと申します。

私は、ボアズ・ハガイの下でイミクラヴマガを修行しています。



さて先ず、今回の講座は時間の都合もあり、技の伝授を中心に据えた講座ではないことをお伝えしておかなければなりません。

御参加の方には、誰もが持っている危険を感じ取る機能を、思い出していただく体験の場にしたいと考えています。



では、『危険を肌で感じる』と言う事は、どの様な事か、少し想像してみましょう。
例えば、駅のラッシュ時に、電車が減速もそこそこに進入して来ているにもかからわらず、混雑を掻き分けてホームの際を進む方を見かける事があります。当人は平気かもしれませんが、これは平常心と呼ばれる物ではありません。むしろ生命の危険を感じる肌と心の能力が鈍麻している現れです。負傷と死亡のリスクで言えば、上の例と同等なはずの切り立った断崖絶壁のすぐ際を、その人は同じように、平然と歩くことが出来るでしょうか?
もし、危険を感じる事ができれば、駅のホームには、怖くて歩けない場所とタイミングがあることが、誰に教わるでもなく感じられる筈です。事において、文字通り足がすくむような思いが時にするのは、その人に勇気や度胸が欠けているからではありません。怖い!と感じることは、寸後の未来の危険を予め知覚するという事なのです。



(イミクラヴマガについて)

イミクラヴマガとは、20世紀初頭の欧州でファシストからの迫害に対処するため、ユダヤ人コミュニティにイミ・リヒテンフェルドが指導した自衛術ハガナアツミットを母体とするイスラエルの武術です。

少年期に警察官の父親から制圧術を学び様々な競技に親しみ成長したイミは、青年期に欧州をサーカスのクラウンとして巡り各地の舞踊や武術に触れました。

その身体的土壌に、前述の時代背景と経験が影響して、複雑で予測不可能な現場に対し、シンプルさで備えるハガナアツミットは生まれました。


第二次世界大戦後、イスラエル国防軍の前身であるハガナーに軍事教練として採用されたハガナアツミット(防衛術)は、イミの指導の下、軍用に能動的な面を強め名称もクラヴマガ(近接戦闘)と改められました。

20世紀末には、軍系統のクラヴマガはイミの手を離れ、輸出先の欧米で多様な伝統武術やエクササイズの指導者と出会い、それらと融合し多様なクラヴマガに分化しました。

一方、国防軍を退役後、イミは国立体育大学にあたるウィンゲート体育学校で自身の原点かつ集大成であるシンプルなクラヴマガを指導しました。



私の知るイミのクラヴマガは後者の伝にあり、そのため、その内容はデッサンのように質素です。

ゆえに私を通して皆様にお伝えするイミからの贈り物は、メディアでハリウッドのクラヴマガを観た方の目には、地味でつまらない物として映るかもしれません。

しかし、私は、このシンプルな武術に大きな魅力を感じています。





休日の開催でもあり、お子様連れの受講を歓迎いたします。
有事には、お子様との連携が大切になります。

運動経験のない方の受講も歓迎いたします。
体力と希望に合わせて個別指導を行います。

武道や格闘技の経験者には、物足りない内容になるかもしれませんが、ご興味があればご参加下さい。
交流しましょう。



会場でお目にかかれる事を楽しみにしています。

たじみもとこ 拝





■ 講師 たじみもとこ

■ 日時 2014年8月23日(土)13:30~16:30(受付13:15から)

■ 場所 東松山市内にて お申し込みいただいた方にご連絡します。

■ 定員 15名

■ 持ち物 飲み物、タオル、動きやすい格好でお願いします。

■ 参加費 3,000円(大人と同伴の小学生以下のお子様は無料)
       当日現金にてお支払いください。

■ 希望者のみですが、WS終了後に懇親会を行います。
  割り勘で3,000円くらいだと思います。

■ ご予約は、
  ・お名前
  ・携帯電話番号
  ・懇親会の参加or不参加
  ・はじめて当会にご参加の方は、運動暦・武道経験などをご記入の上、
   件名を「8月23日WS」として 
   cocorotokarada@hotmail.co.jp までメールでお願いいたします。
  ・お申し込み期限は、8月22日(金)18時までとさせていただきます。

※メール送信時にエラーが出てしまう場合があるそうです。
 もし送信できないという場合は、お手数ですが
 コメント欄にその旨をご記入いただけますでしょうか。
 よろしくお願いいたします。

※こちらからの返信は原則2日以内に行っています。
 もし3日以上経っても返信が無い場合は、hotmailからの受信が可能であるかと、
 迷惑メールボックスの中をご確認いただきますよう、お願い申し上げます。




■ 講師経歴

たじみ もとこ

・岐阜県出身
・高野山大学卒業
・御室派真言宗 阿闍梨

・高校進学後、友人に誘われ近接戦闘を研究。
・大学在学中に松林流空手道を修め、呼吸をテーマにジャンルと流派を問わず各地の道場を訪ねる。

・現在はイスラエル人武術家ボアズ・ハガイの下でイミ直系のクラヴマガを修行している。

・ブログ404 NOT FOUND





今回は、「ココロとカラダの学びの場」初登場のたじみもとこさんです。

実は、今回のWSを企画するに当たり、もとこさんのレッスン(?)を先日受けさせていただきました。

d0258652_1619423.jpg



























終始楽しくレッスンを受けられましたが、恐怖をカラダの奥底から感じる場面もありました。

この冒頭にもあるとおり、「危険を感じる」という人間本来の能力を

もしかしたら普段私たちは忘れてしまっているのではないか?とそのとき実感しました。

このWSでは、その忘れてしまった能力を思い出すと同時に、

それに対してどう対処するかまでをシステマチックに学んでいきます。

護身にあるルールを知ることで、自分や大切な人を守れるということを一緒に学んでいきましょう。



一般の方はもちろん、お子様のいるお母さん、お父さん。

また、イミクラヴマガのエッセンスに触れてみたいという武術愛好家の方々。

護身には目・耳・鼻…などの感覚器官や、カラダの使い方も関係してきます。

身体操作に関心のある方や施術家の方にもぜひご参加いただきたいと思います。

本日より受付開始です。

よろしくお願いいたします。
[PR]

by cocorotokarada | 2014-07-23 16:42 | イミクラヴマガWS | Comments(0)