ココロとカラダの学びの場


ココロとカラダに関する各分野の専門家を講師としてお招きし、埼玉県東松山市を中心にWSを開催していきます。開催情報は随時こちらでUPしていきます。
by cocorotokarada
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


第7回 ロルフィングワークショップ 「気づき」で身体をゆるめる、つなげる

ロルフィングワークショップ 「気づき」で身体をゆるめる、つなげる



「自分の身体をより良くするために、あなたは何をしていますか?」
と聞かれたら、なんと答えますか?
筋トレをする、ストレッチをする、マッサージを受ける、
食事・睡眠に気をつける、といったことを答える方が多いのではないかと思います。

ロルフィングでは、身体を手技で整えて、
その人の姿勢や動作をより良い、本来の状態へと変えていきますが、
そのためにはどうしても不可欠なのものがあります。
それが、ご本人の「自分の身体への気づき」です。
いくら身体をゆるめて整えてもらっても、自分の身体に無自覚なら、
いつもの偏った姿勢や動作を続け、またもとの状態に戻ってしまいます。
逆に、今、自分の身体がどうなっているかに気づければ、
それだけでも身体はより良いバランスに自然と収まり、
より全身を使って動けるようになり、
その結果、普段ため込んでいる余計な緊張を手放すこともできるのです。

このワークショップでは、2人のロルファー(ロルフィングの施術者)が
「筋膜」と「目鼻口耳」をキーワードに、
いろいろなセルフワークとペアワークを提供していきます。
楽しみながら、ご自分の「気づき」によって身体をゆるめ、開き、
つなげる体験をしていただくのが目的です。
時間をかけて丁寧に説明しますので、
ふだんめったに身体を動かさないという方、運動経験がほとんどないという方も、
どうぞお気軽にご参加下さい。
当日会場でお会いするのを楽しみにしています。

※当WSは、ロルファーの養成・指導を行うものではございません。
※当WSは、治療行為ではございません。痛みやご病気がある場合はワーク前にご相談ください。




■ 講師:中村真之介、藤本靖

■ 日時:2013年2月16日(土) 17:15~20:15(17:00より受付)

■ 募集期限:2013年2月15日(金)18時まで
 
■ 場所:東松山市内にて。詳細は、お申し込み下さった方にご連絡いたします。 
 
■ 定員:25名(最少開催人数5名)
  
■ 持ち物:動きやすい服装、飲み物、汗を拭くタオルなど。

■ 参加費:4,000円 当日現金にてお支払いください。

■ 希望者のみですが、WS終了後に懇親会を行います。
  割り勘で3,000円くらいだと思います。

■ 講師プロフィール

●中村真之介
2006年米国Rolf Institute®ロルファー認定、
2007年同ロルフムーブメントプラクティショナー認定。東京・澁谷を中心に活動中。
学生時代、武道の稽古で身体を酷使して痛め、ロルフィングに出会う。
ロルフィングの全人的な統合というテーマに共感し、学校教育から身体教育の道へ。
クライアント自身の気づきにより、
自分で内側から身体を変えていくことの素晴らしさに日々触れながら、
その価値を一人でも多くの方に体感してもらうことがミッション。
ロルフィング(Rolfing®) 渋谷・表参道

●藤本靖
米国Rolf Institute®認定ロルファー。
大学院(東京大学大学院身体教育学研究室)で、ヒトの脳のシステム、
心と身体の関係性について科学的な研究を行う。
またクラシックバレエを始めとする様々な身体訓練法を経験し、
ロルフィングのシステムのなかで理論と実践を融合させ、独自の身体論を展開している。
著書に『身体のホームポジション』(BABジャパン)、
『「疲れない身体」をいっきに手に入れる本』(さくら舎)など。
all blue-ロルフィング・ルーム in 目黒

■ ご予約は、
  ・お名前
  ・携帯電話番号
  ・懇親会の参加or不参加
  ・はじめて当会にご参加の方は、運動暦・武道経験などをご記入の上、
   件名を「2月16日WS」として 
   cocorotokarada@hotmail.co.jp までメールでお願いいたします。

   ご不明な点がございましたら、お気軽に上記アドレスまでお問い合わせください。

※ (2/10)OCNからこちらのhotmailにメールが送れないというご連絡をいただきました。
  調べたところ、同様のケースが他でもあるようです。
  もしもメールが送れないという方が他にもいらっしゃいましたら、
  お手数ですがフリーメールアドレスからお送りいただくか、
  こちらのブログコメント欄に「メールが送れない」という内容をお知らせくださいませ。
  (個人情報などはコメント欄にご記入なさらないでください。)
  ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
  


***************



お待たせいたしました!

今回は、当会でははじめてのダブル講師です。

本日より募集開始となります。

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by cocorotokarada | 2013-01-25 12:50 | ロルフィングWS | Comments(0)

1/19 古武術に学ぶ ぶつからないココロとカラダの使い方・2 終了

先日、昨年の8月に引き続き、あんころ猫先生のWS第2弾

「古武術に学ぶ ぶつからないココロとカラダの使い方・2」を

無事に終えることができました。



今回もまたまた遠方からのご参加の方が多かったです。

当会にいつもご参加下さっている鳩山の常連さん。

それから、都内、千葉、群馬、そして何と石川県から。

石川県の方はお2人で夜中の2時に出発し、

交互に運転を変わりながらいらしてくださったとのこと。

…。

一瞬言葉を失ってしまいました。

ご参加下さった皆様、本当に本当にありがとうございました!!



午前の部は前回の復習をかねて転がるところから。

今回は初めてご参加の方もいらっしゃいましたから

2部構成はよかったのかもしれません。

先生の説明では、転がることは基本でありゴールであると。

全てここに通じるのかもなぁ。なんて思いました。



お1人遅れての参加の方がいらっしゃって、

僕は途中その方をお迎えに、いったん席を外しました。

戻ってきたら、ペアワークになっていました。

相手の方にフワッとやさしく触れて転がっていただくというもの。

触れ方はもちろん、相手との距離感や心理状態なんかも関係してくるもののようです。

上手にできると何の抵抗感もなく転がれるので、よくわかります。



そして後ろから相手の肩に触れて転がすワーク。

これをやっていて、ああ、これってやっぱりコミュニケーションなんだな、と思いました。

技法だけでは無い部分があるように思ったのです。

相手を感じ、ゆだねられるか、という部分でしょうか。

とても面白いワークでした。



今回は2部構成でして、お昼休憩があります。

お昼もお弁当や買ってきたもので参加者の方々とお話しながら食べることができて、

なんだかそれも楽しかったです。



さて午後の部。

午後は新たに教えていただくものばかりでした。

個人的に面白かったのは、打ち合わせも何もしてないのに、

2人で息を合わせてまるでダンスを踊っているかのように動いてしまうワーク。

もはや柔術とは言いにくいのですが、大丈夫です。

最後にコロッと転がしてしまいます。

それと、全員が横一列に並び、それぞれ隣の人の手首辺りをつかんでいる状態で、

センターの人がフッと脱力して転がると全員が転がってしまうというもの。

中心から外へ波が動くような感じなのかな、たぶん。

参加していて見てないのですが、こんな感じなんだと思いました。

全員が集団催眠でもかかっているかのようで、とっても面白かったです。



また、より柔術らしい技法も教えていただきました。

相手にかなり力を入れて腕を握ってもらった状態で、

こちらも力を入れて動かそうとしても、力同士ぶつかってしまって動かせません。

でも、こちらがフッと脱力してしまうといとも簡単に相手が転がってしまうんです。

これ、すっごく面白かったです。



あんころ猫先生が古武術を通じて教えてくださったことは、

前回よりも自分自身わかったような気がします。

以下、自分メモ。

・体幹の軸を通すこと(ただし筋力で姿勢を正すのではなく、あくまで脱力)。

・体幹、四肢は自由に脱力できるように。

・相手との距離感、呼吸(息を合わせる)などはコミュニケーションと同じ。

・空間固定(ダンスやマイムやってる方は出来るんだろうけど…うー難しい)。

・相手を信頼し、預ける(これが出来ないとコミュニケーションも難しいのかも)。

などなど。



WS終了後は、懇親会へ。

ここでIさんから面白いことを教えていただきました。

WSで相手に預けてる状態、あんころ猫先生は帯を使っても例えてくれたのですが、

これって、子どもの頃父親に「飛行機」とか「高い高い」をしてもらったのと

同じ感覚なんじゃないかなってこと。

絶対的な信頼の元なんですよね。それが無いと成り立たないもの。

子どもは完全に預けていますし、大人は完全に受け入れている。

なるほど、これが在って初めて出来ることなんだなーって思いました。



今回もとっても良いワークショップになったと思います。

講師のあんころ猫先生ありがとうございました。

第3回も企画していきたいと思います。



あんころ猫先生は千葉、東京、神奈川で八光流柔術の稽古をされています。

よろしければ、道場の方にも行ってみて下さいね!HPはコチラです。

また、先日本も出版されました。ご興味ある方はぜひ読んでみてください。コチラです。



※2月16日のロルフィングワークショップ(仮)の募集要項は

 近日中にUPする予定です。いましばらくお待ち下さいませ。

[PR]

by cocorotokarada | 2013-01-21 15:33 | WSの感想など | Comments(0)