ココロとカラダの学びの場


ココロとカラダに関する各分野の専門家を講師としてお招きし、埼玉県東松山市にてWSを開催していきます。開催情報は随時こちらでUPしていきます。どうぞよろしく~(^^)
by cocorotokarada
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


第8回 クラニオの「ニュートラル」に学ぶ・2

3月のWSのお知らせです。

クラニオの「ニュートラル」に学ぶ・2



<内容>
「クラニオ(クラニオセイクラル・ワーク※)」は人に触れて行うセラピー技法の1つです。
クラニオを行う人は、セッション中、受ける方に極力刺激を与えず、
「プラクティショナーニュートラル(長いので「ニュートラル」とだけ呼びます)」という状態を続けることが重要とされています。

「ニュートラル」は静けさや安定感を伴う身体感覚で、セッション中ほか、
様々な場面でのサポートとなりうるものです。
この講座ではクラニオの「ニュートラル」がおおよそどんなものかを説明・体験します。
この講座が、わずかなりとも、自分自身の心身や静けさとの新たな付き合い方の参考となれば幸いです。

※クラニオには様々な流派?的なものがあります。
 講師の朧さんのクラニオはバイオダイナミクスという流派になります。

<前回との違い>
テーマは前回と同じですが、前回は一部の説明が駆け足だったので、
それらの説明をもう少し詳しくしようと思っています。
また、組になって相手に触れる体験の代わりに、
自分自身に触れて行う簡単なセルフケア的体験(医療行為ではありません)等を取り入れる予定です。





■ 講師 今野隆(ICSB公認プラクティショナー、BCST)通称、朧(おぼろ)さん
      朧さんのブログはコチラ→たぶんクラニオブログ

■ 日時 2013年3月30日(土)13:30~16:30(受付13:15から)

■ 場所 東松山市内にて お申し込みいただいた方にご連絡します。

■ 定員 10名

■ 持ち物 筆記用具(講義内容をメモしたい方のみ)

■ 参加費 3,000円 当日現金にてお支払いください。
※昨年のニュートラル講座にご参加いただいた方は、2,500円

■ ご注意
・クラニオの実施方法そのものをお教えする講座ではありません。
・講座中、激しい運動をすることはありませんが、ある程度リラックスできる格好でお越しください。

■ WS終了後に、希望者のみで懇親会を予定しています。
  費用は、ご自分の飲食分(1000~2000円程度だと思います)となります。

■ ご予約は、
  ・お名前
  ・携帯電話番号
  ・懇親会の参加or不参加
  ・はじめて当会にご参加の方は、運動暦・武道経験などをご記入の上、
   件名を「3月30日WS」として 
   cocorotokarada@hotmail.co.jp までメールでお願いいたします。





昨年10月に行ったクラニオの「ニュートラル」に学ぶ 第2弾です。

前回、不本意ながら定員のためお断りしてしまった方は

ぜひ今回ご参加いただければと思います。

「ニュートラル」な状態になることで、具体的には

●余計なものにわずらわされなくなる。

●ちょっと引いて(俯瞰して)物事を見ることができる。

などの効果を感じることが期待できると思います。

また、身体に深い興味がある方にもおすすめしたいWSです。



本日より受付開始となります。

皆様のご参加をお待ちしております。
[PR]

by cocorotokarada | 2013-02-26 17:58 | 落ち着きの身体感覚

2/16 ロルフィングワークショップ「気づき」で身体をゆるめる、つなげる 終了

こんにちは。

先週、第7回WSが無事終了しました。

今回は、ロルフィングというボディワークをなさっている

お2人の先生を講師にお招きいたしました。

今回も都内や神奈川県など、遠くからご参加下さった方々がいらっしゃいました。

ありがとうございました。



自己紹介などの後、まずは中村先生から。

中村先生は、「気づき」と「筋膜のつながり」についてのワークを紹介して下さいました。

後日、アンケートに答えていただくことができたのですが、

興味深かったのは、「わかりやすかった」という方と、

「わかりにくかった」という方、どちらのご意見もあったということです。



以前やったクラニオのニュートラルに学ぶでも、

同じようなお声をいただいたことがあったのを思い出しました。

ニュートラル講座では、ニュートラルを維持した状態で人に触れてみるということを、

今回のロルフィングWSでは、相手の筋膜に働きかけることでどのような変化が起こるか

というワークをしたのですが、パッと見は似てるのかもしれません。



この両方のご意見をしっかり受け止め、

参加された方が皆さん納得できるように企画していくのが

僕にとっての今後の課題なのかなと思っています。



後半に入り、藤本先生にバトンタッチです。

藤本先生は、呼吸と仙骨の動きについてのワークを教えて下さいました。

印象に残ったのは、「ブレーキを踏んだままアクセルを踏む」ということ。

これを身体の中でやってしまっているかもしれないというのが面白かったです。



今回僕は、それぞれの講師の先生が行うデモの受け手をさせていただきました。

やってみて思ったのは、変化を感じることは出来ても、

それを表現する力が乏しいということ。

僕自身は今回はワークに参加することはありませんでしたが、

とても大きな勉強をさせていただくことができました。



藤本先生と中村先生は、新宿でもWSをやっていらっしゃいますので、

もし興味をお持ちになった方がいらっしゃいましたら、

ぜひそちらに参加してみてくださいね。

朝日カルチャーセンター新宿教室
[PR]

by cocorotokarada | 2013-02-21 16:46 | WSの感想など