「ほっ」と。キャンペーン

ココロとカラダの学びの場


ココロとカラダに関する各分野の専門家を講師としてお招きし、埼玉県東松山市にてWSを開催していきます。開催情報は随時こちらでUPしていきます。どうぞよろしく~(^^)
by cocorotokarada
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


第27回 “発達障がい児とご家族のための” 親子で学ぶ ふれあいコンディショニング

6/20 “発達障がい児とご家族のための” 親子で学ぶ ふれあいコンディショニング



<内容>

手や背中、体の色々なところを触れて→感じて→遊ぶことを通して体の余分な緊張を抜いていきます。
余分な緊張が抜けることで睡眠の質や排泄の力が高まり日々の体調が整っていくことを目指します。
“発達障がい児とご家族のための”とありますが、親御さんだけのご参加も大歓迎です。ここでカラダをゆるめていくワークを学び、ぜひご家庭にて実践してみてください。


<対象>

・発達障がいのあるお子さんとご家族
(親御さんだけのご参加も大歓迎です)
・発達障がい児・者の支援者
・発達障がい児・者へ施術等で関わっている方


■ 講師 栗本啓司 からだ指導室あんじん主宰

順天堂大学卒業後、日本幼児健康体育協会(現NPO法人 日本幼児健康体育協会)に所属。乳・幼児、障がい児・者の体育指導(体操等)を行なう。操体法、西式健康法、各種手技療法、ボディーワーク等を学び、現在は神奈川県小田原市飯田岡で「からだ指導室 あんじん」を主宰。主に障がい児・者の方に「コンディショニング指導」を行なっている。 定期的に、東京都羽村市の「社会福祉法人 たつの子の会 サンフラワークラブ」、
神奈川県内の療育相談施設で障がい児・者の集団での体操指導、個別指導を行なっている。
中学・高校保健体育1種教諭免許取得

著書に『自閉っ子の心身をラクにしよう!』『芋づる式に治そう!』(ともに花風社)がある。

■ 日時 2015年6月20日(土)
 ・1部:小学1年生~小学3年生までの親子(13時30分~14時45分)
 ・2部:小学4年生~小学6年生までの親子(15時~16時30分)
上記時間帯は目安となります。
1部、2部は同じ内容になりますので、1部の途中からお越しいただいて、2部の途中で退出という形でも大丈夫です。もちろん最後まで通してご参加いただいても大丈夫ですよ。
また、思春期のお子さん(その親御さん)等もご参加いただけます。

■ 場所 東松山市内にて お申し込みいただいた方にご連絡します。

■ 定員 1部2部とも15組まで

■ 持ち物 動きやすい格好。ご家族で1枚フェイスタオルをご用意ください。

■ 参加費 (1部2部共通)
 ・大人1名+子ども1名:2000円(大人1名のみの場合も2000円です)
 ・大人1名+子ども2名:2000円
 ・大人2名+子ども1名:2500円
 ・大人2名+子ども2名:2500円
 ・支援者の方は1部2部通して2500円
 その他年齢的なこと、上記人数に当てはまらない場合はご相談ください。

■ ご予約は、
  ・お名前
  ・携帯電話番号
  ・参加者の内訳(大人○名、子ども○名など)
  ・お子様の学年(1部か2部か)
  ・領収証の有無(必要な方は宛名もお知らせください)
  ・件名を「6月20日WS」として 
   cocorotokarada@hotmail.co.jp までメールでお願いいたします。
  ・お申し込み期限は、6月19日(金)18時までとさせていただきます。



※メール送信時にエラーが出てしまう場合があるそうです。
 もし送信できないという場合は、お手数ですが
 コメント欄にその旨をご記入いただけますでしょうか。
 よろしくお願いいたします。

※こちらからの返信は原則2日以内に行っています。
 もし3日以上経っても返信が無い場合は、hotmailからの受信が可能であるかと、
 迷惑メールボックスの中をご確認いただきますよう、お願いいたします。
 
※確認したけど返信がない!というケースがこのたび1件ございました。
 参加のメールをお送りしたとのことでしたが、こちらに届いておりませんでした。
 万が一同様のケースがございましたら、コメント欄にご記入をお願いいたします。



**********



今回は初登場の栗本啓司さんです。

栗本さんの体操指導を以前見学させていただいたのですが、

体操前と後とでお子さんたちの表情が一気に変わるのがわかりました。

身体がゆるむと表情もニコニコしてくるんですねー。

当会としては障がい児・者とそのご家族を対象としたWSは初めてとなります。

初めてご参加される方がほとんどとなると思いますが、

どうぞお気軽に遊びにいらしてください。
[PR]

by cocorotokarada | 2015-05-29 11:37 | 発達障がい

5/23 落ち着きの身体感覚に学ぶ  終了

朧さんの「落ち着きの身体感覚に学ぶ」を終えました。



何を持って落ち着きの身体感覚とするか?は、

人によっていろいろあるかもしれませんが、

とりあえず今回はそこに触れることはなく、

各人がそれぞれ思う「落ち着きの感覚」を味わうことが中心となりました。

落ち着きの感覚を得るためのコツみたいなものを

今回はご紹介していただいたのだと思います。



座った状態で呼吸に意識を向けてみる。

次に、背骨で呼吸をしてみる。

さらに遠くの音に意識を向けてみる。

そして、遠くの音を全身で聴く。

最初の方にやったワークですが、これとても面白かったです。



その後プラクティショナーニュートラルの説明と実践。

今回は、過去のニュートラル講座にご参加いただいたリピーターさん以外にも

初めての方でもなんらかの手技に携わっている方ばかりでしたので、

ニュートラルについても皆さん問題なく受け入れてくださったようでした。

ニュートラルの状態のときの雑念が出てくること、それ自体は悪いわけではなく、

それに捉われてしまうことがよくないというのが印象に残りました。



また、今回は僕のリクエストもあり、

対人のワーク(落ち着いた状態で人に触れてみる)もやりました。

対人のワークは初めてのニュートラル講座以来でしたが、

個人的にやはりあるといいなと思いました。



そして、前回に引き続き、立った状態での落ち着きと、

歩いた状態での落ち着きを感じてみるというワークも紹介していただきました。

今回は初めての試みでしたが、外に出て歩いてみました。

これはなかなか好評のようでした。

ちょうど中庭らしきものがあり、歩くくらいのスペースがあったのでラッキーでした。



軽く抵抗をかけてもらって、その上で歩くという

対人ワークも紹介していただきました。

これ、とても気持ちよかったです。

ちょうど気候的にも気持ちがいい時期でしたので、

それもよかったのかも。



面白いことにその後室内に戻ったところ

圧迫感を感じてしまいました。

それまで外に居たのでそのギャップはあったのでしょうが、

こんなに違うものかと自分でもビックリしました。



今回は過去にもお越しくださったNさんがはるばる兵庫から参加くださったり、

僕の勉強会の仲間、やはり以前のWS受講の方々が集まってくださって

とても賑やかな会となりました。

皆様本当にありがとうございました。
[PR]

by cocorotokarada | 2015-05-28 17:16 | WSの感想など