ココロとカラダの学びの場


ココロとカラダに関する各分野の専門家を講師としてお招きし、埼玉県東松山市を中心にWSを開催していきます。開催情報は随時こちらでUPしていきます。
by cocorotokarada
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

12/7 重力に抵抗しない身体の使い方・2(体幹編)終了

2013年最後のワークショップ、

重力に抵抗しない身体の使い方・2(体幹編)が終了しました。

今回は初めての方がたくさんご参加くださいました。

ありがとうございます。



最初の自己紹介のあと、ロルフィングの説明から。

ロルフィングのセッションを受けたことがある方が

参加者の中に1名いらっしゃいましたが、あとは皆さん未体験だったので、

こういう説明からスタートするのはとても良かったと思います。



次に、デモンストレーションに。

骨盤のデモと上肢のデモ。

d0258652_18212634.jpg




















その後、順番を忘れてしまいましたが、

仙腸関節と胸鎖関節のセルフで行うワークをし、

二人一組になってのビフォーアフターを行いました。

まず何もしてない状態で、相手の胸を押します。

相手もこらえているのでなかなか押せません。

後ろから抱きつかれた状態で歩くというのもしましたが、

やはりなかなか前に進めません。

しかし、感覚(知覚や空間認識)を研ぎ澄ませていくと、

これが動かせてしまうというもの。

大変面白かったです。



また、骨盤のセルフワーク、肋骨のセルフワークも

ご紹介していただきました。

皆さん上手に動かせていました。

僕は個人的に、骨盤を前後に動かすのが難しかったです。

そして、それをやったあとに歩くと、

すごく安定感を伴った歩行ができました。



橘さんの仰っていた言葉で、

「下手に正しい動きをするより、たくさん間違ってください。」

というのが印象的でした。

なかなか上手く動かせないこともあるのですが、

それで萎縮してしまうよりも、堂々と動かすほうが大事なんだと思います。

面白いことに、動かしていくうちに動くようになることもありました。



肋骨(上半身)と骨盤(下半身)を統合するワーク、

これは前回も紹介していただいたのですが、

これをすると全身のつながりを感じることができました。

最後にまた2人ペアになり、ワーク後(アフター)を体感し、

上手くできたかを確認しました。

このビフォーアフターは、すごく大事な確認作業になると思っています。



d0258652_18351276.jpg



















解剖学の本を確認中のところ。

皆さん真剣です。



最後に質問コーナーになり、

前回もご参加くださったTさんから、

前回もやった上肢のワークで、前回とは違うやり方を

今回ご紹介いただいたことで、質問がありました。

僕もアレ?っと思っていたのですが、橘さんの回答はこうでした。

「常に新しいやり方が思いつくので、1ヶ月前とは違うことをすることもあります。」

というもの。

これは僕も手技を行う者として、すごく納得できるものでした。

アップデートしてるってことなのだと思います。



橘さんは、夏にお会いしたときからこの日までに、

AKAという療法を学ばれていますし、来年以降も新しいものを

ご自分のロルフィングに生かすために勉強する予定と聞いています。

次回は5月に予定しているのですが、第3回が今からとても楽しみです。
[PR]

by cocorotokarada | 2013-12-10 18:45 | WSの感想など
<< 第17回 予防接種について知っ... 第16回 重力に抵抗しない身体... >>